会社情報 Company Informaiton ごあいさつ

4つの技術フィールド
3つの技術拠点
2つの技術提供スタイル
で未来社会の創造に貢献して参ります。

代表取締役社長 石橋 武

パナR&Dは、バブル景気が始まる1986年に車載電装機器開発専門のエンジニアリング企業として神奈川県大和市に設立しました。その後福島県いわき市に開発拠点を置き、自動車部品メーカー等を主要顧客として機械・機構設計、電気・電子回路設計や組込・制御系ソフト開発の技術を活用したカーオーディオやカーナビゲーションシステムの請負・受託開発業務を主業として参りました。
2010年に東京都渋谷区に本社を移転した後は、大手SIer(システムインテグレーター)を主要顧客に加え、業務系システム開発やアプリケーション開発、ネットワーク・サーバー構築等のIT・システム開発に係る技術者派遣業務を中心に業容を拡大して参りました。
2016年に東証1部上場の技術者派遣会社であるアルプス技研グループに仲間入りしてからは、グループの強みを活かして、神奈川県相模原市にあるアルプス技研第二ビル内に新たな開発拠点を開設し、優良派遣事業者認定を取得する等更に質の高い技術サービスの提供に努めております。
現在、車載電装機器の開発は自動運転に代表される「CASE」の領域に移行し、「ものづくり」の分野でも至るところで「IOT」や「AI」が導入されております。また、新型コロナウイルスの影響により企業の「DX」対応が加速度的に進んでいます。当社はエンジニアリング企業として、4つの技術フィールドにおけるイノベーションの波を確実に捉え、3つの技術拠点、を中心に2つの技術提供スタイルで未来社会の創造に貢献して参ります。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長石橋 武

トップページへ戻る